アイキララの美容成分を肌に浸透させる使い方とは?

アイキララの適切な使い方

アイキララは、年齢が出やすい目元部分のケアをすることによって肌にハリを取り戻してくれる効果が期待できるものですが、こうした効果をより引き出しやすくするためにアイキララを朝と夜のケアとして習慣化することがポイントです。
アイキララの使い方として、まず洗顔を行います。顔の汚れを落として清潔な状態にすることでより美肌成分を浸透しやすくします。

次に、化粧水で肌に水分を与えて整えます。

そして、いよいよアイキララの出番です。

手の甲にアイキララを乗せて、それを少量ずつ薬指の腹にとって、目の下の気になる部分を中心に、トントンと優しく馴染ませていきます。

馴染んできたら、薬指の腹を使って外に向かって優しくクリームを伸ばします。

有効成分を肌の奥深くまで浸透を促すように、手のひら全体で目元を優しく包み込んでアイキララのケアが完了です。

アイキララの使用量は1プッシュを左右両方に分けて使います。

仕上げに、乳液やクリームで整えて、一通りのケアが終わります。

アイキララ使用の注意点

注意点として、オールインワンタイプの化粧品を使用している場合は、アイキララに含まれている成分の浸透を妨げてしまう場合があるので、

オールインワンタイプの化粧品とアイキララを合わせて使う場合は、乳液やクリームの役割として使用し、

別に化粧水を用意することで、成分の浸透を効果的にしてくれます。

アイキララを1プッシュ両方の目の下に塗って成分を浸透させるといったシンプルな方法ですが

その前の化粧水やその後の乳液で肌を整えてからアイキララを取り入れるので、アイキララの美容成分を肌にきちんと

届けることができる方法と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>