食事に関係?!女性ホルモンを正常化するには?

私たち女性の体は、お肌の調子一つとっても女性ホルモンによってコントロールされていると言っても過言ではありません。
そのため女性ホルモンの低下は、数々の不調をもたらします。ではいつから減少してくるのでしょう?
食事に関係?!女性ホルモンを正常化するには?
実は女性ホルモンのピークは20台後半と言われています。
そして、30代に入るにつれて卵巣の機能は少しづつ低下し始めます。
そのまま放置しておくと、更年期障害などいろいろな不調で、私たち女性を苦しめる結果になってしまうのです。
では、減少をどうやったらくいとめられるのでしょうか?
それは生活を見直すこと。そしてもちろん、食事でセルフケアすることによって、ホルモン減少スピードを緩やかにすることは可能です。
不規則な生活は急激な減少につながります。女性ホルモンはプロゲステロンとエストロゲンという2つのホルモンが分泌されていますが、これらはどちらが不足する事態に陥っても不調につながります。
これらをバランスよくすることは女性の体の調子を整えてくれます。
さて、女性ホルモンの減少を食い止める食事には何があるのでしょう?
有名なのは豆乳などに含まれる大豆イソフラボン。
これは、女性ホルモンと同様の働きをします。
マグロなどに含まれるビタミン6は、エストロゲンの代謝に関わりバランスを整えます。ナッツに含まれるビタミンEはホルモンの分泌をコントロールし、干しブドウにはホルモンを維持するビタミンBが多く含まれます。
これらの栄養素をうまく活用して、女性ホルモンを正常化しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>