アイキララの美容成分を肌に浸透させる使い方とは?

アイキララの適切な使い方

アイキララは、年齢が出やすい目元部分のケアをすることによって肌にハリを取り戻してくれる効果が期待できるものですが、こうした効果をより引き出しやすくするためにアイキララを朝と夜のケアとして習慣化することがポイントです。
アイキララの使い方として、まず洗顔を行います。顔の汚れを落として清潔な状態にすることでより美肌成分を浸透しやすくします。

次に、化粧水で肌に水分を与えて整えます。

そして、いよいよアイキララの出番です。

手の甲にアイキララを乗せて、それを少量ずつ薬指の腹にとって、目の下の気になる部分を中心に、トントンと優しく馴染ませていきます。

馴染んできたら、薬指の腹を使って外に向かって優しくクリームを伸ばします。

有効成分を肌の奥深くまで浸透を促すように、手のひら全体で目元を優しく包み込んでアイキララのケアが完了です。

アイキララの使用量は1プッシュを左右両方に分けて使います。

仕上げに、乳液やクリームで整えて、一通りのケアが終わります。

アイキララ使用の注意点

注意点として、オールインワンタイプの化粧品を使用している場合は、アイキララに含まれている成分の浸透を妨げてしまう場合があるので、

オールインワンタイプの化粧品とアイキララを合わせて使う場合は、乳液やクリームの役割として使用し、

別に化粧水を用意することで、成分の浸透を効果的にしてくれます。

アイキララを1プッシュ両方の目の下に塗って成分を浸透させるといったシンプルな方法ですが

その前の化粧水やその後の乳液で肌を整えてからアイキララを取り入れるので、アイキララの美容成分を肌にきちんと

届けることができる方法と言えます。

こんなとこに!?頭皮ニキビの対策法

ブラシで髪をとかしてるとき、痛っ。ブラシの先端があたり刺激がはしりました。
髪をかき分け鏡でみてみるとできもののようなものを見つけました。
頭皮にもにきびってできるのかとショックなうえ初めてのことだったので戸惑いました。
ちゃんとお風呂に入ってるし髪もしっかり洗ってるのになぜだろうと不思議な気持ちでした。
その日は美容院に行く準備中で最悪のタイミングでした。
予約をしていたし相談してみようと思いお店に向かいました。
美容師さんに洗い方に問題があるんじゃないかと指摘されました。
シャンプーをつける前に髪を濡らします。
その際にただ濡らすのではなく頭皮を指先でマッサージするように洗います。
毛穴にたまっている汚れや皮脂を浮き上がらせるためです。
それからシャンプーをつけるときも液体をべったりつけるのではなく少し泡立ててから優しく洗って下さい。
爪はたてず毛先よりも頭皮をよく洗います。
シャンプーを流すときは泡が落ちたらおわりではなく洗っていた時間の倍よく流します。
丁寧に説明して頂き普段の洗い方とはほぼ正反対で間違えだらけでした。
これではニキビができたのも納得です。
もともとオイリー肌なので不十分な洗い方による皮脂の詰まりが原因でした。
お風呂で髪を洗うのは小さいときから毎日なので数え切れないぐらい洗っています。
その間にしっかりした洗い方を知らぬまま自分なりの悪い癖が身に付いてしまったのでしょう。
痛い思いをするのも汚れがとれていないのも嫌ですよね。
私のようにならないためにももしくは同じ経験がある方もこの機会に普段の洗い方を見直してみて下さい。

こんなとこに!?頭皮ニキビの対策法

食事に関係?!女性ホルモンを正常化するには?

私たち女性の体は、お肌の調子一つとっても女性ホルモンによってコントロールされていると言っても過言ではありません。
そのため女性ホルモンの低下は、数々の不調をもたらします。ではいつから減少してくるのでしょう?
食事に関係?!女性ホルモンを正常化するには?
実は女性ホルモンのピークは20台後半と言われています。
そして、30代に入るにつれて卵巣の機能は少しづつ低下し始めます。
そのまま放置しておくと、更年期障害などいろいろな不調で、私たち女性を苦しめる結果になってしまうのです。
では、減少をどうやったらくいとめられるのでしょうか?
それは生活を見直すこと。そしてもちろん、食事でセルフケアすることによって、ホルモン減少スピードを緩やかにすることは可能です。
不規則な生活は急激な減少につながります。女性ホルモンはプロゲステロンとエストロゲンという2つのホルモンが分泌されていますが、これらはどちらが不足する事態に陥っても不調につながります。
これらをバランスよくすることは女性の体の調子を整えてくれます。
さて、女性ホルモンの減少を食い止める食事には何があるのでしょう?
有名なのは豆乳などに含まれる大豆イソフラボン。
これは、女性ホルモンと同様の働きをします。
マグロなどに含まれるビタミン6は、エストロゲンの代謝に関わりバランスを整えます。ナッツに含まれるビタミンEはホルモンの分泌をコントロールし、干しブドウにはホルモンを維持するビタミンBが多く含まれます。
これらの栄養素をうまく活用して、女性ホルモンを正常化しましょう。